FC2ブログ

有機農業について


農で起業する!」(杉山経昌・著)に
「脱サラで新規就農する人たちはなぜかほとんど有機農業を目指している」
という一文がありました。

分かります。私も、就農前に新規就農の方のHPや体験談などをいろいろ調べて、
有機農業を目指す人が多いなぁと思いました。
正直、憧れはあります。農薬の力に頼らず、自然の力で育つ野菜。
大自然の神秘みたいなものを感じるでしょう。

でも、私達はその道を選びませんでした。
理由は、それでは生活できないと思ったから。
いや、有機農業で生活してる人はいるんですよ。でも、農業経験さえない自分達にはムリだと思ったのです。

有機農業(自然農法?)で有名な福岡正信氏の奥様が
「有機農業をめざすのは、まず普通の農業で食べられるように努力し、そのメドがついた後にしなさい」
とおっしゃったそうです (「農で起業する!」より)
正論だなぁ、と思うワケです。

慣行農法でも、手で草取りするし、虫もつくし、体力的には大変なのです。
やったことないけど、有機農法となると、もう想像以上でしょう。
その労働に対する、正当なリターンが欲しいです。
けれど、現在の市場流通では難しいと思っています。

更に言うと・・・
自分達は有機野菜を買わないんです。
例えば、普通のほうれん草が100円、有機栽培のものが120円で売ってたとしたら。
「味、違うのかなー」と興味で120円のほうれん草を買うかも。
でも、有機栽培のものが200円だったら、買わないんです。

幸いなことに、私達夫婦は特にアレルギーとかありません。
(こちらに来てから花粉症が出始めましたが。。。)
慣行栽培の野菜で困ったことはないんです。
通販で有機野菜を取り寄せてみたこともありますが(好奇心で)、
敏感な味覚を持ち合わせていない私達は、大した違いが分かりませんでした。

有機農業の適正な労働価値を価格に上乗せしたら、”高級野菜”になってしまう。
私達は、普通の人(自分達を含む)が日常に食する野菜を作りたい。
千疋屋の果物とか、高級デパートの野菜じゃなくて、八百屋やスーパーに並ぶ野菜が作りたい。
長芋はちょっと高いから高級野菜かしら?(苦笑)

私は、農薬がそんなに「悪」だとは思っていません。
もちろん、規定値以上の残留農薬などは問題外です。
使う量を減らせるなら、それに越したことはないでしょう。

大根の硝酸を計測して栽培管理に生かし、減農薬で日持ちの良い大根を作っている農家の記事がありました。(現代農業・大石農産
畑の管理や栽培管理を見直した結果、農薬の量を減らすことができて、更に日持ちも良い。
こういった方向に、努力していきたいと思っています。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 
スポンサーサイト



カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク