仙台麩がうまい!

名古屋の実家から荷物が送られてきました。
開けてみると、どうやら仙台みやげが。
電話して聞いてみたら、ミステリーツアーで仙台に行ったそう。

仙台みやげの仙台麩(油麩)を大根と煮てみたら、これがウマイ!
普通のお麩より舌触りが滑らかで、すごくウマイ。
ギャオままさん、今度は仙台麩と物々交換しましょー♪

昨日はちょっと飲みすぎました。
最近、飲みすぎるとすぐ胃にクルんだよなー。
この間、東京&名古屋旅行のときも、5泊6日中、3日は吐いてたし(苦笑)
胃が弱くなっちゃったのかなー、肝臓が弱くなっちゃったのかなー
単に日ごろの鍛錬が足りないのかなー。


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 
スポンサーサイト

ちょっと暖かに

今日は最高気温4度と、暖かい日です。 
ちょっと雪も溶け出しています。
3月3日以降、予約注文した農薬などが農協から配達されるそうで、
それに向けて雪を片付けなければなりません。
ま、トラクターでやればすぐなんだけど。
運動不足解消を兼ねて、スコップでちょっと雪かきしてみたり。
でもそんなことしてると、近所の人が通りかかったりして、
「機械あるのに、何してんだろ?」と思われるのが嫌で、あんまり長い時間はやりません。

春の植付開始に向けて、土壌分析をしようと思ってます。
普及センターでやってもらうとタダなので、お願いしようと思っているのですが、
スケジュールを問い合わせたところ、3月7日までに提出すれば分析してもらえるとのこと。
その次だと4月上旬で、1回目の大根播種や長芋の畑作りに間に合わない。
何とか3月7日までに雪の下から土を採取しなければ。
少しでも雪が溶けてくれるといいなぁ。
土を採取する予定地は、道路から200~400m歩いたところ。
50cmの積雪の中を400m歩く、ってだけで、 ちと滅入る。

ウチのトラックは冬用タイヤ履いてないから、畑まで乗用車で行かなきゃ。
車停めるとこも雪で埋まってるだろうなー
そこの雪かきからはじめなきゃ。

雪が少なくなってくると、早く雪が溶けるように(早く畑作業を始められるように)、畑の雪を掘り、その下にある土を雪の上にまきます。
こうすると、雪が早く溶けます。
さすがに、まだ誰もやってないみたいです。

春の作業開始に向けて、うずうずしてくる、今日この頃です。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

風邪ひいてました

一週間くらい、マメに更新したかと思えば、その後一週間休むという・・・
気分屋さんのちぐちぐです。

風邪をひいていました。もう治りましたが。
農繁期だと気合入れて治すのですが、農閑期だと「別にいいかな」なんて感じで本腰入れなかったりして。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

ひばの湯 ポプラ

昨日、午後から講習会で農協近くの会場に行きました。
15:30頃、講習会が終わって帰ろうとしたところに、ウチの大根生産組合の会長O氏が通りかかり、長芋肥料の講習会を16時からやるから、予定がないなら出席しなよ、と声をかけてもらいました。
O氏は「ながいも日本一」の最優秀賞受賞者。しかも、過去3回最優秀賞をとっている。
そんなO氏が使っている肥料なら、ぜひ話を聞いてみたい、と出席させてもらいました。
そのまま誘われるままに懇親会(飲み会)。

飲み屋に向かう途中、ふと見かけた「ひばの湯 ポプラ」の看板。
こんなところに「ひばの湯」? そんなのあったっけ?
早速ネットで調べてみたら、十和田の方が既に攻めてレポートしてくれています。
てことで、今日行って来ました。

行ったのはお昼時。 ほぼ貸切。
新しくてキレイで、ひばで、すいてて、最高でした♪
寝湯の床の形が、体の落ち着きがイイ♪
木製の枕が浮いてて、その形が後頭部がすっぽり落ち着いて、イイ。
枕が移動可能っていうのが、標準より背が小さい私には嬉しかったです。

こんな近くにこんなお風呂ができてたなんて、知らなかった。
灯台もと暗しだ。
潰れない程度にすいてて欲しいなぁ。(なんてワガママ)


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

長いもの糖度は?

今年の「ながいも日本一決定戦」では、出品物の糖度も計ってくれてました。参考として。
ウチの長芋の糖度は5.8でした。
全出品物では、4.6~6.8と個人差がありました。
ウチの長いもはちょうど中間くらいですね。
普通のトマトが5~6度らしいので(それも個体差があるでしょうけど)、
そこから想像してみて下さい。

実は私、糖度計を買ってたんです。
糖度計で生育途中の葉っぱの糖度とかを測って、栽培管理に生かす、みたいな記事を読んで、
ちょっと興味があって買ってみたんです。
ウチの長芋の糖度も測ってみたかったしね。
1万円位だから、いいかな、って。
他に硝酸イオンメータにも興味があるんだけど、こちらは4万円くらいして、ちょっとビビリ中。

昨日、買った糖度計が到着しました。
「ながいも日本一」で、ウチの長芋の糖度が判明した日です(苦笑)。
でもせっかくなので、自分でも測ってみました。
家にとっておいたキズモノ長芋は、ナント7度でした! 甘いワケだ。
ちなみに、2週間前に買った食べくらべ用長芋の糖度は4.2度でした。

で、この糖度は長芋としてどうなの? 
果物だと、甘いほど美味しい~って感じがしますケド。
長芋だと、糖度が高けりゃいいってもんでもないような。


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

ながいも日本一決定戦 二年目

blog080214.JPG


本日、「ながいも日本一決定戦」の表彰式がありました。
去年も書きましたが、「日本一」と言っても、本当の日本一じゃなくて、
「とうほく天間で一位なら日本で一位だろう」という勝手な解釈で「日本一」とか言ってるだけです。
正確には、「とうほく天間農協の、出品者の中で一」です。(自由参加なので)

とうほく天間農協で長芋生産農家は600人以上いるそうで、出品者が今回34名。
・・・盛り上がりがイマひとつ・・・(苦笑)。

最優秀賞 1点
優秀賞  3点
優良賞  3点

が表彰されるのですが、なんと、ウチの長芋が2年連続「優秀賞」に選ばれました~
パチパチパチ~

去年入賞した際、
「いや、まぐれかも知れないんで、来年も入賞したらイバリます。」
って言ってたんですが、今年も入賞したので、とりあえずイバっときます(笑)。

私達は就農(独立)2年目で、また入賞したわけですけど、ちょっと政治的配慮も入ってるのかな・・・と。
経験の少ない私達が賞を取るような長芋を作るんだから、経験年数の多い農家さんも頑張れよ!的な策略とか・・・
普及所とか農協とかの指導を一番受けてるんだから、成果がなきゃ、とか
一番稼げてなさそうだから、賞品あげよう、とか(笑)。
深ヨミしすぎ?

さて、「優秀賞」の賞品なんですが、圧力鍋でした・・・。
去年も、圧力鍋でした・・・。

「圧力鍋賞」か~っ!

もうちょっと考えようよ~

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

ちょっとうれしかったコト

先月、名古屋に里帰りしたときのこと。
たまたま実家に来ていた姉(47歳、二児の母)に、近くの繁華街まで車に乗せてもらいました。
そのとき、車に流れていたのが「5296」(コブクロの最新アルバム)。
遠く離れてても、こういうところ、やはり血なのかしら?(笑)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

長芋とにんにくのほっこり炊き込みご飯

たまに、いつもと違うものを食べてみたくなって、ネットでレシピ検索して作ります。

今回は「やさい生活☆きれい生活」からのレシピです。

鶏むね肉がなかったので、もも肉を。
ナンプラーがなかったので、珍しくて買った塩ポン酢を。
チキンコンソメがなかったので、鶏がらスープの素を。

なんか、超テキトー(笑)

長いも&にんにく 青森の幸のWパンチ!
にんにくの香りもキツクなく、ホワッって香る感じで、美味しかったですよ。
私、炊き込みご飯とか大好きで、子供の頃は炊き込みご飯だと6杯食べたことも。
昨日も「おかわりしちゃおっかな・・・」と、ちょっと誘惑に負けそうでしたが、これ以上太るとマズイので我慢しました。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

土壌分析について

ウチは毎年、全圃場の土壌分析をしています。
最初は普及所の方に勧められたり、新規就農者の認定を受けるのに必要だったりで、分析しただけなのですが。
土壌分析をすると、土のPH(ペーハー)や、塩基飽和度などが分かります。
塩基飽和度とは、その土の養分保持力(CEC=塩基置換容量)の何%を石灰・苦土・カリの塩基が占めているかを示す数字です。60から80%位が最適で(作物によって異なる)、石灰・苦土・カリのバランスが5:2:1が理想となります。
この塩基バランスを整えることで、病気や障害が出にくくなるそうです。

自分の畑に何が足りないか、何が過剰か、素人あがりの私達にはさっぱり分かりません。
長年の経験があるベテラン農家さんには分かるのかしら?
化学的に分析してもらって、何がどれほど足りないかを教えてもらえるのは、ありがたいことです。
私達が借りた畑はしばらく放っておかれていた畑だったせいか、足りないものだらけ。
分析結果で苦土を10a(1000㎡)当たり200kg入れなさいと言われました。
200kg入れてもまだ足りないんだけど、1回に入れる量としては200kgが限界でしょう、と(笑)。

研修先の親方は土壌分析をしていませんでした。
他の農家さんたちも、ほとんど土壌分析をしていないと思います。
それでもちゃんとした作物ができるんだから、さすがプロってことでしょうか。
長年の経験に基づく勘とかの無い新米さんは、分析してもらった方が失敗を避けられると思います。
分析おかげか(?)、独立一年目にして「ながいも日本一決定戦」に入賞しましたしね。(やや自慢)

独立二年目の「ながいも日本一決定戦」は2/14に発表です。
去年入賞した際、「一年目なのにスゴイですね」と誉められて、
「いや、まぐれかも知れないんで、来年も入賞したらイバリます。」
と言っておきました(笑)。

ウチの農協でも近年、土壌分析を強く推奨しています。
他県では、土壌分析を推し進めることによって、良品多収となった事例があるようです。
農家の「長年の勘」だけでは、個人差があったりして、皆が良品をコンスタントにとるというワケにはいかないようです。
農業が普通の職業として、未経験の人でも参入できるような職業となる為にも、化学的な分析が必要なのだと思います。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

どんどん白くなるピョン吉

日に日に白くなっていきます、ピョン吉。
知らない人が見たら、ビョーキみたい。

blog080210.JPG


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

長芋 食べくらべ

以前から、青森産ながいもと北海道産ながいもの食べくらべをしてみたいなーと思っておりました。

青森県人(農家)は北海道をライバル視するところがあります。
特に長芋については、日本一(生産量?)を北海道に奪われたこともあり、意識しまくりです。(今はどっちだろう?微妙な勝負なんだよね)
北海道は規模が大きくて、本気出されるととても量では北海道に太刀打ちできません。

青森県人曰く、青森県産は北海道産より生育期間が長い為、味の良い長芋ができる、とのこと。
降雪の早さ、消雪の遅さがありますからね。
生育期間が北海道の方が短いのは事実のようです。
それが本当に味に反映してるかは、分かりません。

先日、名古屋での法事ついでに東京に寄り、お友達に紹介されて市場関係の方と会う機会がありました。
その方は北海道出身で、「やっぱり長芋は北海道産が旨い!」とおっしゃってました。
私達は何とも返事できず。
だって、私達は青森の長芋生産者だもん。 
場の流れでも「そうですよね~」とは言えません。(苦笑)

何より、北海道産長芋を食べたことない。青森で北海道産長芋売ってないし。
会社員時代に食べたことあるかもしれないけど、そんなの憶えてないし。
ネットなら買えるんだろうけど、そこまでする気になれず。

で、なかなか食べくらべの機会が無かったのですが、先日、友人のS氏(西浦和@不良亭主)が出張で青森まで来て、ついでにうちに泊まって、ついでに函館日帰り旅行に行きました。
その時、ついでに函館のスーパーで北海道産長芋を買いました。
これで初の食べくらべが出来ます。

家に帰って、ウチの長芋と北海道産長芋でブラインドチェック。
私は分かってるけど、ダンナとS氏には何も言わず食べてもらいました。
調味料を何も入れずに食べてみると、誰でも分かるくらい味が違います。
北海道産のは、ちょっと青臭い。S氏は「イモ臭い」と言った。
生のじゃがいもを食べてるような、青臭さ。
ウチの長芋は、較べると甘みがあります。
また、今年のウチの長芋は甘いんだよねー。理由は分からないけど。
生育期間の違いで、青森県産の方が美味しいという説も、あながちウソでもないかも。

今回はたまたまこういう結果になりましたが、全ての青森県産が北海道産より美味しいとは限らないと思います。
あくまで、今回買った長芋とウチの長芋の比較で、個人的感想ですから。

でも、ちょっと自分達の長芋に自信を持った ちぐちぐでした。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

ピョン吉が白くなった

blog080205.JPG

ピョン吉はノウサギです。
北国のノウサギは冬になると色が白く変わります。
本を読んだところによると、毛が生え変わるわけではなく、毛の中の色素が抜けて白くなるそう。
毛の芯が抜けたような状態になって、中が空洞で保温効果が高まるそうです。

気温に反応して白くなる説、日照時間に反応する説と、実際のところはよく分かってないようなのですが、暖房・照明付きの室内で育ったピョン吉はなかなか白くなりませんでした。

写真は1月下旬の様子。
足がすっかり白くなりました。
りんごが大好きで、かじりついています。
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

中国産ギョーザ問題の影響

中国産冷凍ギョーザの問題が毎日取りざたされていますね。
早く原因等が明らかになる事を願います。

今回の問題で、餃子やその他の冷凍食品の買い控えが出ているとのこと。
ま、しばらくすれば 「喉元過ぎれば熱さ忘れる」 みたいに元に戻るんじゃないかと予想してます。

毎日、こうもギョーザ問題が報道されていると、サブリミナル効果(?)でギョーザが食べたくなって来ました。(笑)
今夜は餃子の予定です。
ちなみに、ウチにあった冷凍ギョーザは韓国製でした。
中国産でも多分食べたけどね。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 
カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク