映画 「遺体」

映画 「遺体 明日への十日間」 を観てきました。 
八戸まで行きました。
青森では八戸でしか上映してないようです。

釜石出身の友人から 『「遺体」観たら感想聞かせてくださいね~。』 と言われていましたが。
・・・むずかしいね。
感想を語るのが難しい映画です。
「よかったよ~」 「おもしろかったよ~」 っていう映画じゃないからね。

ダンナと一緒に観に行ったのですが、ダンナとも一言も感想を言い合ってません。
気に入らなかったからじゃなくて、口に出すのがはばかられるというか。。。
言葉にしても、適当な言葉が見つからないような。。。

どのシーンがどうとか、どのエピソードがどうとかではなく、
ずーっと胸が苦しい感じでした。

現実ではもっとすごかったんだろうな、とは思いました。
映画なのである程度きれいな画になってるのだろうなと思いました。


スポンサーサイト
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱそうだよね。
なんとも感想が言い難い映画でしたね。

役者がごうかだったのも
ちょっとひいちゃったし
訛りもおかしなことになってたし。

複雑な感じの映画でした。

訛りはね、(^_^;) ネイティブじゃないとどこの訛りでも変なコトになっちゃいますよね。

私、泣きっぱなしだったんですけど、「どこで泣けた」って訳でもないし、「いい映画だよ」ってのも違うし。
(もちろん悪く無いし)
複雑ですね。

改めて、國村隼さん(住職役)が、いい役者さんだなーとしみじみ思いました。
カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク