FC2ブログ

今年の長芋の出来は?

先日、農協から連絡があって、長芋の試掘りをさせてくれとのこと。

今年からとうほく天間農協は「土壌診断をしましょう」と推奨してて、
土壌診断結果に基づき、科学的にちゃんと施肥設計をして、
質の良い作物を作りましょう、という活動をしています。

以前から土壌診断は推奨してたのですが、今年からより力を入れるようになったようです。
当JAが武田健先生とコンサルティング契約を結び、指導してもらってるせいもあります。

ウチは毎年土壌診断をしてて、今年は武田先生監修の元の施肥設計もしていただきました。
で、その施肥設計に沿って追肥した区画の長芋を掘らせてくれということなのです。

施肥設計に沿って追肥した区画は全65a(6500㎡)中、5a(500㎡)。
なぜ全部施肥設計通りにやらなかったかというと、施肥設計通りにやると3種類の肥料を追肥の度に撒かなきゃいけないから。
慣行の方法だと1種類のみ。
3種類撒くとなると、3回、畑の畝間を肥料ふりながら歩きまわるか、
あらかじめ3種類の肥料を混ぜておく必要アリ。

1年の間に、追肥は5回くらいやるので、その度に手間をかけるのが面倒くさくて・・・
お試しで試験区として5aだけやってみたのです。

JAの人がやってきて、計6本(試験区と慣行区)の芋を掘りました。
何と、A品率100%!
JAの職員さんも「いい芋だ!」と大げさな程誉めてくれました。
(イヤ、ホントに大げさなんだけど・・・(^_^;)

試験区と慣行区の違いはイマ一つ出なかったけど、そこそこ良い芋が掘れて良かったです。
「何じゃコリャ?」っていうような芋が掘れてしまうと、恥ずかしいからね。

もうちょっとしたら、芋堀りが本格的に始まります。

スポンサーサイト



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク