農業の方向性

先日も、農協改革ネタをきっかけに、ちょっと書きましたが。
今回もちょっとマジメに。
一小規模農家の意見なんで、真剣に反論とかしないで下さい(笑)

安倍政権の成長戦略の一つとして、農業があります。
農業は随分前から高齢化とか耕作放棄地の増加とか、ずーっと問題が言われてて、今に始まったこっちゃないんですが。
そして昔から、農地を集めて大規模化・効率化して、競争力を高めよう、なんて言ってきました。

そうしたいなら、農地法とか変えちゃって、大企業が農業できるようにしちゃえばいいと思うんです。
実際、大企業が農業参入するハードルは、規制緩和で低くなってきていて、ワタミとかセブンアンドアイとかイオンとか自社農場で野菜作ってるそうです。
お金を稼ぐ産業として成長させるには、それが良いのでしょう。

私個人は、日本の農業を発展させようとか、そんな立派な志があって就農したワケではありません。
どっちかっていうと、都会のリーマン暮らしに疲れて(飽きて)、今みたいなライフスタイルを求めて田舎に来ました。
なので、大規模化もしたくないし、競争もしたくないのだ。
大企業の従業員として農業するなんて、もっと嫌なのだ。
こういうのが、農業の成長を妨げる、ダメ農家なんだろうなー(笑)

さて、去年は 国際家族農業年(International Year of Family Farming) でした。 (←去年言えよ(笑))
食糧安全保障や貧困・飢餓の撲滅における 家族農業 (Family farm) や小規模農業の役割を周知 することを目的として国連が制定したものです。

単純に食糧増産なら大規模農業でもいいのでしょうが、大規模農業だと土地,水,生物多様性などの自然資源が劣化したり、バイオ燃料作っちゃったり。
で、あらためて家族農業の役割・価値を見直しましょう、という事のようです。

政府の目指す農業とは、方向が違うみたいですねー。
国連の方が良いんだけどな、ウチは。


あと、今注目されてるのが、野菜工場とか、オランダ式農業
施設で土を使わず、環境をほぼ完全にコントロールして、農作物を生産します。(さすがに長芋は難しいか?)

・・・ 今年は 国際土壌年(International Year of Soils) です。(笑)
土壌の大切さを見直しましょう。


スポンサーサイト
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

野菜工場

野菜工場では、長芋はちょっと無理でしょうね。

JA改革、JAと縁のない小規模新規就農者にとっては好きにしてくれとの気持ちです。

自慢じゃないですが、私ら夫婦二人は1反の面積で贅沢しなければ生活できてますと、自信をもって言えます。

No title

技術が進むと、長芋も野菜工場でできちゃったりして・・・(^^;

JA改革、縁がなければ「好きにしてくれ」でしょうね。縁があっても、何が変わるのかよく分りませんが。。。
カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク