マルコとヒトミ

ヒトミちゃんはかなりのビビリー。
2年半も一緒に暮らして、いまだにダンナのくしゃみにビクッとします。(^^

マルコが来てから、大好きだった南側廊下(マルコ部屋の前を通って、ピョン吉部屋の前)での日向ぼっこもしなくなりました。
マルコ部屋の戸が閉まっていても、部屋の前を通れず。
マルコに縄張りを奪われた感じになるのも、ヒトミちゃんが可哀想なので、せめてマルコ部屋の前を堂々と通れる位になればと。

で、時々マルコとヒトミの距離を近づける試みを行いました。
マルコをキャリーケースに入れて、ヒトミちゃんに見せたり。(5m以内に近づかず(笑))
5cm程開けた戸の隙間からのご対面させたり。(ヒトミちゃんのウーッシャーッが出ました)

でもヒトミちゃんも気にはなっているようで、マルコ部屋の戸が閉まってる時、部屋のそばまで行って気配をうかがってたり。(鳴き声が聞こえるとビビって逃げ帰ってくる(笑))

以前直接合わせてみた時は、警戒心マンマンのヒトミにマルコがするする~と近づき、1m位のところでウーッ。 それでも近づいて行ったマルコに、50cm位のとこでシャーッ。 マルコがキャンッと逃げました。
お、上下関係がちゃんとできてるね。(そりゃそうか)

人見知りで猫見知りなヒトミちゃん、時間かかる~

今思えば、ユキちゃんは偉大でした。 ヒトミちゃんが小さすぎた(推定1か月)のもあるけど、初日から舐めてあげたり、遊んであげたり、寝てあげたり。
ヒトミちゃんはユキちゃんに育ててもらったようなもんです。

blog150614_5.jpg

覚えてる? ヒトミちゃん。


話は長くなりましたが、 昨日事態がちょっと動きました。

何回目かのご対面。
相変わらずのウーッシャーッなのですが、ちょっと慣れてきたみたい。

blog150614_3.jpg

あ、なぜテーブルが廊下に立っているのかは、気にしないでください(笑)

ヒトミちゃんにあまり敵対心が見られず、マルコから視線を逸らせてみたり、ゆっくり瞬きを送ったりしてる。これは自分が敵ではないというアピールだそうです。
マルコには通じているのかしら?

blog150614_1.jpg

そして、腹を見せて誘っております。 この誘いに、マルコは乗りませんでした。

その後、勝利を確信したのか、ここ2週間足を踏み入れることができなかった南側廊下に行き、

blog150614_2.jpg

ビシッと縄張りを主張。

blog150614_4.jpg

マルコは、自分が登れない所に登ったりしたヒトミちゃんを憧れるような感じで、ヒトミの後をついて歩いてました。

仲良くはないけれど、ヒトミはマルコを敵じゃないと認識したようで、教育的指導はあっても、もうケンカにはならないでしょう。
第一段階(?)終了です。

白血病陽性のマルコと、陰性のヒトミ。 舐めあうほど仲良くなってもらったら困るんだけど、会ってケンカするのも困る。 
このビミョーな感じの関係が希望なのですが・・・ また人間の都合ですね。
そうそううまくいくもんかいな。


スポンサーサイト
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク