マルコ、急遽避妊手術

猫ネタばかりでごめんなさい。
先日確定申告は済ませました。本業についてはそれくらいで、何もしてないダメ人間中です。

さてマルコちゃん、急遽避妊手術することになりました。サカってきたからです。

blog160302_1.jpg

今までも比較的よく鳴く猫だと思ってたけど、最近特に鳴くようになってきました。子供のような声で鳴いてるのでサカってるとは思わなかったのですが、昨日3月1日、マルコの誕生日と定めている日を境にサカリの声になりました。分かる人には分かるでしょうか、猫のサカリの鳴き声。

マルコちゃんは猫白血病ウイルスのキャリアです。キャリアであっても、発症しなければ天寿を全うすることもあるそうです。発症とは、免疫力の低下により様々な病気の症状が出ることです。発症させない為には、ストレスのない生活をすることが大切です。

猫の発情は結構なストレスだそうなので、マルコちゃんが発症しないように、急いで手術することにしました。
発情がストレスなら、早く手術しておけばと思うのですが、麻酔&手術も猫にとってストレスで、発症の引き金になりかねないそうです。

8月下旬、マルコのインターフェロン治療終了時に、避妊手術の予約をしようとしました。超繁盛してる病院で、避妊・去勢手術が2ヶ月待ちだったので。でも先生は、手術もストレスなので、サカっちゃったら手術しましょうと言いました。
でも予約がいっぱいなのでは?と聞くと「緊急用に枠はありますよ」と。

サカってきちゃったので病院に電話すると、予約がいっぱいで 6月 になると!(@_@) そんなには待てないと、前述したやりとりを説明して、先生と相談してもらったところ、それでも4月だって。 どんだけ繁盛してるんだ。 そんな1ヶ月以上マルコちゃんを鳴かせっぱなしにしとけないよ。

で、他の動物病院で手術することに。 ユキちゃんもヒトミちゃんも手術してもらったS病院に電話。
「猫がサカっちゃったので、避妊手術お願いします。」
「いつがいいですか?」
「できるだけ早くがいいんですが。」
「一番早いので・・・明日ですね。(半笑い)」
「じゃあ、明日お願いします。」
てことで、明日マルコちゃんは避妊手術することになりました。女の子の節句なのに、ちょっと皮肉?
スケジュールに余裕のある(簡単に言えばヒマな)獣医さんが近くにいて、良かった。

繁盛している方の先生は、多分マルコちゃんが避妊が必要になると思ってなかったんだと思います。
発情前に死んじゃうか、体調悪くて発情どころじゃなくなっちゃうと思ってたんだと。
それは8月下旬の時点で感じていたので、意地でもマルコを発情するまで元気に育ててやる、とちょっと思ってました。
そのイミでは、私の勝ち、です。

blog160302_2.jpg
なに、勝手に「勝ち」とか言ってるの?

マルコちゃん、明日の手術、頑張ってね! 祈ってるわ!


スポンサーサイト
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク