猫に躾けられる飼い主

夜寝る時、ヒトミちゃんとマルコちゃんは私達と一緒に寝室で寝ます。

リオはリオ部屋、ラディはリビングのケージに閉じ込めます。
夜の寝室はヒトミ&マルコの安住の地としているので、邪魔が入らないように、です。

ラディは寝室で一緒に寝たいみたいです。
ダンナが先に寝て、私が寝るまでの1~2時間、ベッドにもぐり込んでダンナと添い寝してます。
その間、ヒトミ&マルコはリビングに。
おかーさん子の2匹は、私が行かないと寝室に行かないのです。

で、私が寝る時にラディを布団から引きずり出し、ケージに閉じ込めます。
さぞ嫌なオバサンだと思っていることでしょう。

blog161223_3.jpg
『オバサン、ボクにきびしいよね』


で、寝室でヒトミ&マルコと寝るのですが、ヒトミちゃんは最近、毛布と布団の間で寝ます。
これがなかなか良い感じで、人間との間に毛布1枚あるので、寝返りをうっても蹴ったり踏んだりする心配がありません。
賢いな、ヒトミ。

blog161223_1.jpg
『今気づいたか。』


マルコちゃんは、フツーに人間と同じように布団に入って寝ます。
私が仰向けで膝を立てて寝て、その膝の下で寝るのです。

この姿勢をずーっと続けているのは結構キツくて、足や腰を伸ばしたいのですが、そうするとマルコを踏んづけてしまいます。
なんとかそーっと寝返りをうって、マルコの横に足をずらして寝ようとするのですが、するとその姿勢がマルコちゃんのお気に召さないらしく、シーツをカリッカリッと引っかきます。
「あぁ、ごめんごめん」とまた同じ姿勢に戻ると、マルコも大人しく寝ます。

また、マルコが布団の外に出たい時も、シーツをカリッカリッと引っかいて知らせます。
足で布団を持ち上げて、外に出れるようにしてやると、出て行きます。

ふと、気づく。
いつの間にか、「シーツを引っかく」 ⇒ 「おかーさんが足を動かしてくれる」 という条件付けができているではないか。
私は、マルコちゃんに躾けられちゃってるのかしら。
逆じゃないの?

blog161223_2.jpg
『ウフフ』

ま、飼い主は猫の下僕と言いますから。 
仕方ないですね。

でも、おかげで腰痛が悪化しそうです。。。(-_-;)

 

スポンサーサイト
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク