FC2ブログ

読書「末期ガンなのにステーキを食べ、苦しまずに逝った父」

本を読みました。
「末期ガンなのにステーキを食べ、苦しまずに逝った父」
えー、特に、現在近親者にガン患者はいません。

元はどこかのサイトで、黒岩祐治さんというキャスターの方が講演会などで
「長芋を蒸したものを食べると良い、自分の父親もガンだったけど体力が回復した」
みたいな事を喋ってる、と読んだことでした。

長芋農家として、それは知りたい。
検索してみて、黒岩さんが本を出していると知り、買いました。
今日届いて、読み始めたらスルスルと読めて、もうほとんど読んでしまいました。

黒岩さんのお父さんは、病院でのガン治療がうまくいかず、衰弱してしまっていました。
自宅で漢方治療を始めることにした際に、漢方のお医者さんに
「朝、昼、晩、ご飯代わりに蒸した長芋を食べてもらってください」
とアドバイスされたそうです。
漢方文化では「胃の気があれば生きられる」という。
「山薬(長芋)は胃の吸収を支える効果があり ~、食べられる胃を作るチカラがあるんです。」

私がいろんなところから寄せ集めてきた長芋知識 「ながいもの話」 では生食をオススメしてるんですが、蒸しても良いようですね。。。

本の内容はもちろん長芋の話がメインではなく、漢方治療によりガンがほぼ治り、
亡くなる2週間前までステーキを食べるほど元気だったお父さんの奇跡、
そして西洋医学に偏った現在の医療に対しての提言などが書かれています。

長芋につられて買った本ですが、興味深く読むことができました。
漢方文化も面白そうだなと思い、冬の農閑期にそれ系の本でも読んでみようかと。
(↑実際にやるかどうかは、「熱しやすく冷めやすい」B型の為、不明)
もし、自分がガンになったりしたら、著者のお父さんのような闘病をしたいと感じました。
(身近でガンの闘病を見たことがないので、甘いコトバだと思われるかも知れませんが)





スポンサーサイト



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク