FC2ブログ

今年は負けだぁ

ここんとこずーっと、大根について語りたくなくて避けてたのですが・・・
現実を直視して語ってみようと思います。。。

今年、大根はキスジくん(正式名称キスジノミハムシ)にヤラレまくりました。
とあるベテラン農家さんも、「食われてないのは1本もない」という位、ヤラレてます。

それでもちょっと食われたくらいならB品とか加工用とかで出荷できるけど、ウチの7/2播種と7/7播種のは食われ過ぎて加工用にも出荷できないほど。

例年、夏になればキスジは出ます。
それでもちょっと食われてるのがあるくらいで、大根全滅となるのは私達は今年が初めて。
どういう被害がでるのかは コチラ のサイトを参考にして下さい。

普段、どういうキスジ対策をしているのかというと、
播種時に土に薬を混ぜます。
これで、キスジの幼虫(土の中にいる)が死にます。
あとは生育途中で、上から液体の農薬を散布することでキスジの成虫を数回やっつければ、そんなに大きな被害は出ません。

ただ、今年は何回か豪雨があって、播種時に土と混ぜた薬の効力が減少したと思われます。
加えて、その後の高温・乾燥時期でキスジが大発生。
それに気づいて、その直後に何かしら対処(て言ってもクスリ撒くコトしかできないんだけど)をすれば、もう少しマシな状況になったかも。
今、まともに収穫できている大根農家さんは、ちゃんと対処した人だと思います。

それに気付かずスルーしてしまった私達は、今ムシムシ大根を廃棄するハメになってます。

現在、ムシムシは7/26播種の大根まで確認されてます。
廃棄しなきゃいけないか、加工用でも出荷できるのか、掘ってみない事には分からないですが。

で今日、少しでも被害を抑えられるかなと、またクスリを撒きました。

今年、大根がキスジにヤラレて、確かに収入的にもイタイんだけど、
一番は 「悔しい」 んだなー。

私達は就農(独立)5年目になりますが、大根の成績が1番良かったのが2年目。
1年目はいろんな失敗を一通りして、その反省を2年目に活かした結果だったんだけど、
その後この2年目の成績を上回ることができないでいる。。。

毎年、「今年こそは」って思うけど、忙しさにかまけて何かが疎かになったり、
何年か経験をつんできたことで「まいっか」と手を抜いたり。
そして、予想外のところ(←予想できてない時点で既にダメなんだけど)にパンチが来て、キツイダメージを食らうんだ。

4年間農業で生活してきて、いっぱしの農業者みたいな気になってたところに
「お前なんか、まだまだだよ」 って言われた感じ。

もっと早くにいろいろ気付けなかったことの悔しさ。
今年の大根のいろいろが、異常な気象のせいだとしても、それに対して自分なりの対処をしていればそんなに悔しくない。
のほほんとスルーしてしまったことが悔しい。


もう、今年は 「負けた」感がいっぱいです。


だからと言って、放り出して諦めるワケにもいかんです。
まだ負けてない勝負(長芋とかね)に力を注ぐとか。
負け勝負でも、せめて点差を縮めて、次につなげるとか。

もうちょい、あがいてみます。


あ゛ー、酔ってて長文になってしまいました。



スポンサーサイト



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

県内全域で発生が多いのかな?
昨日も夕方のRABニュースでやはり黒石沖揚
平の大根農家さんがキスジ被害がひどいと嘆い
ていました。
自然を相手にする農家さんは大変だなとつくづく
思いますが、これも全部ひっくるめて農業なんだ
と・・・でもこんな日ばかりじゃないです。

長芋で勝負!!ですよ。




shirokenさん、ありがとうございます。
ネットで昨日のニュース内容をチェックしてみました。
あぁ、ウチだけじゃないんだ。。(少し救われる(笑))

長芋はイイのがとれるといいなぁ。
カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク