FC2ブログ

人を憶える

田舎への移住、新規就農に向けた様々なコトを通じて、たくさんの人に会う機会がありました。この3年。

事ある毎に、「人を憶(おぼ)えることが大事だ」といろんな人から言われました。
「知っている人」を「憶えてる人」とこちらでは言います。
知り合いを作ることが大事だよ、ということです。

人を憶えること、知り合いを作ることは、田舎でなくても社会人として大切な事と認識しています。
会社員時代にも、新人が入ってくると、歓迎会で新人くんに
「ここにいる全員の顔と名前を憶えること~! 今日の新人くんのノルマね~」
などと偉そうに言っていたコトが思い出されます。(笑)

そして今、コチラで人を憶えているかというと・・・難しいです。(苦笑)
例えば、何かの会合に出席したとして、20人の会合とすると、私達は自分達以外の18人の顔と名前を憶えねばならず、18人の人は私達二人だけ覚えればいいんですから。
農協がらみの会合、集落の会合、農協の支部の会合etc みんなそんな感じで、元々人の顔と名前を憶えるのが不得手なワタシは、もうサッパリ。
1回の会合で2人くらいずつ憶えていってる感じ(おいおい)

会社員時代、入社2年目から退職するまで、ずーっと同じプロジェクトでした。
人の異動がちらほらあっても、一度に大量の人の名前を憶えなければならないことが無かったのです。
それもあって、人の名前憶えるの不得手なんだろうなぁ。

しかも、コチラでは集落で苗字が一緒ということが多い。
イトウさんがたくさん、タナカさんがたくさん、って感じで、苗字じゃ区別がつかないので、みんな名前で呼びます。
ダイスケさん、マサルさん、ヒデオさん、てな感じで。
東京での会社員時代は名字だけ憶えれば事足りるのに、こちらではフルネームで憶えなければならないのです。

・・・1回に2人ずつで許してクダサイ。
スポンサーサイト



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

私も苦手です、人を憶えるの。
で、ちょうど昨日、そのネタでブログ書いたばかりでした。
そうそう、集落で同じ姓ばかりなんですよねぇ。おじさまたちがみんな子供の頃からの呼び名で呼び合っているのが微笑ましい(笑)しかしこちらは憶えにくいことこの上ない!
小学校では、先生も生徒もファーストネームで呼び合ってました。当番表も座席表もファーストネームで作られてて「なるほど~」と感心しました。そういうものなんですねー。
カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク