大根の硝酸値

今年初めて蒔いた大根(5/24播種)の硝酸値を測ってみました。
硝酸とは・・・ 正確に説明できる気がしません。(苦笑)

ざっくり言うと、硝酸態窒素のことで、植物が育つのに必要な大切なモノですが、多すぎると病害虫に弱くなったり、野菜の日持ちが悪くなったり、健康を害するという説もあります。
多すぎても少なすぎても良くないってことです。

播種後30日頃(つまり、6/24頃)に測った時は、外葉の根元で3400ppmでした。
「現代農業」に載っていた大根の篤農家さんの話によると、まあまあイイ感じの数字です。

で、今日同じ播種日の大根を再度測ってみましたら、1100ppmに下がってました。
今日で播種から38日になります。

確かに、播種30日位をピークに硝酸値が下がってくるのが望ましいらしいですが、ちょっと下がり過ぎ?
収穫まであと20日以上あるし、目安としては2000~3000ppm位だったんだけど・・・

ちゃんと育つのかしら?
ちょっと注意して見守ろうと思います。。。

(話が分かりづらかったでしょうか。。。 テキトーにスルーして下さい。)



スポンサーサイト
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ちぐちぐ

Author:ちぐちぐ

脱サラ就農日記HP







カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
■ ブログ名:100年ファーマー!小川原湖農園
ブログ内検索
RSSフィード
リンク